自費診療|はたなかクリニック|堺市西区草部の内科・腎臓内科

〒593-8312
大阪府堺市西区草部1488番1
072-284-8728
  • LINE友だち追加
  • Instagram
  • Facebook
WEB予約 WEB問診
ヘッダー画像

自費診療

自費診療|はたなかクリニック|堺市西区草部の内科・腎臓内科

にんにく注射

「元気が出ない」「疲れが溜まっている」「忙しい」等といった症状はありませんか?
そんな方はぜひ一度にんにく注射をお試し下さい。

 

にんにく注射の効果として

・疲労回復

・二日酔いの改善

・肩こり・冷え性の改善

・肌トラブル症状の改善

 などがあります。

 

症状が改善される理由

にんにく注射の主成分はビタミンB群です。

ビタミン類は食事やサプリメントで摂取する事が可能ですが、吸収力は体調によって左右されることもあります。特に、疲労時には内蔵機能が低下し吸収が悪くなります。

注射をする事で、食事やサプリメントよりも多くの量を一度に素早く吸収する事が出来る為、早期に症状の改善を期待出来ます。

 

にんにく注射の臭い

にんにく注射の主成分は疲労回復に効果があると言われているビタミンB1を中心として数種類の薬剤を組み合わせます。

その際、ビタミンB1に含まれる 硫化アリルに、にんにくに似た臭いがあります。

注射をする事で成分が血液中に流れ出て、鼻の粘膜ににんにく臭を感じる事がありますが本人が感じるだけで息が臭くなったり、体臭が臭くなったりする事はありません。

 

副作用

にんにく注射の主栄養成分には水溶性ビタミンが多く含まれています。
体内で利用されなかったビタミンは尿として体外へ排出されます。
その為、基本的に副作用の心配はございません。

 

にんにく注射の効果と持続期間

にんにく注射の持続期間には個人差があり、一般的には2~3日と言われています。効き目の長い人で1週間前後になります。

また、にんにく注射を打つことで栄養成分を総合的に血液中に取り込むことが出来るため風邪の初期症状の改善にも効果が期待出来ると言われています。

肌トラブルに対しては個人差が非常にありますが、1~2ヶ月程度で効果が現れる傾向があります。

 

費用は1回550円(税込み)です。

興味のある方は一度医師にご相談下さい。電話でのご予約も承っております。072-284-8728までお気軽にどうぞ。

 

プラセンタ

プラセンタとは、別名「胎盤」の事です。

胎盤にはアミノ酸を始め多くのビタミン・ミネラル・酵素等の栄養成分や成長に欠かせない因子がたくさん含まれています。

 

プラセンタの効果

・肌の保湿力を高める

→プラセンタに含まれるアミノ酸や成長因子の働きにより肌の水分を保持します。肌の乾燥によるシワや乾燥肌を改善する効果が期待されます。

 

・肌の再生力を高める

→プラセンタに含まれる成長因子が細胞を活性化させ、細胞自体の修復や再生を助けます。そうすることで、エラスチンやコラーゲンの量が増え肌全体に潤いを持たせることが可能になります。

 

・美肌効果

→「チロシナーゼ」と言うメラニン色素を作る酵素を阻害する働きが有り、シミを予防する効果が期待出来ます。肌のターンオーバーを促進する事で現在あるシミにも効果が期待出来ます。

 

・抗炎症作用

→プラセンタには炎症を緩和し細胞自体を修復する働きがあります。

その為、皮膚の炎症によるかゆみを抑える働きもあり、アトピー性皮膚炎をはじめとしたニキビ肌等の皮膚トラブルの改善にも期待が出来ます。

 

・抗酸化作用

→プラセンタには活性酵素の発生を抑制する抗酸化作用があります。それにより、細胞の若返りをサポートし肌のくすみ等の改善を期待することが出来ます。

 

プラセンタ注射による副作用

→主な副作用として、注射部位の疼痛・発疹・掻痒感・内出血・硬結があります。

 ・疼痛・硬結は1~2日で消失します。
 ・内出血はどのような注射や採血でも起こり得るもので、症状が出現してからは長くても2週間程度で自然と色が薄くなり改善していきます。
 ・アレルギー症状(蕁麻疹・発疹・掻痒感・発熱等)を引き起こすことがあります。

極稀にアナフィラキシーショック(血圧低下・呼吸困難等)や急性肝障害等の報告がありますが数例しか報告が無い為、重篤な副作用が起こる可能性は非常に低くなっています。

その他として、頭痛・眠気・だるさ・閉経後の生理・軽微な生理不順や不正性器出血・女性化乳房・体重増加があります。

 

接種回数

基本的に最初の間は一週間に1回~2回の接種になります。
症状の改善が見られましたら、2回接種していた方も1回接種となります。

 

注意点として

ヒトの胎盤を原材料としており、様々なウイルス等の感染症を完全に否定する事は出来ない為、プラセンタ製剤を投与した場合は厚生労働省の指導により予防的観念から、献血・輸血を行うことが出来なくなります。

上記の事から、当院ではプラセンタ治療を開始される際には医師から説明を行い、同意書にご署名を頂いております。

 

最後に

どんな薬や食品でも人間体質は様々であり、合う・合わないはあります。100%安全な物はありませんが、数多くの医薬品の中でもプラセンタは現在非常に安全性が高いと考えられています。

 

費用は1回1100円(税込み)です。

ご興味のある方は診察時に医師におたずねいただくか、電話でも承っております。072-284-8728までお気軽にお問い合わせください。

ビタミンC注射

ビタミンC注射とは?

健康や美容効果が期待できる注射です。抗酸化作用や抗ストレス作用により、風邪の予防やストレスを和らげる効果が得られます。

 

〈効能・効果〉

☆活性酵素を低減させ酸化を防止する(抗酸化作用)
☆お肌のコラーゲンを増やす(コラーゲンの生成を促進)

 →以上2点より、

メラニンを減らしシミ・そばかすへの美白効果(メラニン色素の生成を抑制)
シミ・たるみのリフトアップ、毛穴の引き締め(皮脂腺の働きを抑制)
ニキビの改善(過剰な皮脂の分泌を抑制)など、肌の老化を抑制します。

 

※ビタミンCはヒトの体内で作ることができません。

食事でのビタミンCの確保が難しい、サプリより高い効果を実感したい方へお勧めします。
ビタミンC注射は、効果を感じられるまでの期間に個人差があるため、継続して治療を行うことが大切です(月に14回が目安)。

 

〈副作用〉

ビタミンC注射は、副作用やデメリットがほとんどありません。
ただし、まれに次の症状が起こる可能性があります。
・注射による痛みや内出血
・吐き気、嘔吐、下痢
・のどの渇き(ビタミンC注射による利尿作用が強くなり、のどや唇の渇きを感じる可能性があります。)

 

費用は1回550円(税込み)です。

ご興味のある方は診察時に医師におたずねいただくか、電話でも承っております。072-284-8728までお気軽にお問い合わせください。

AGA外来

男性脱毛症(AGA)に対する自費診療を行っております。

日本皮膚科学会が作成したガイドラインで推奨されている内服にはフィナステリドまたはデュタステリドの2種類がありますが、そのうちのフィナステリドを採用しています。

フィナステリド内服によって男性脱毛症の改善が期待できますが、そのためには継続して内服することが重要です。当院では後発医薬品を使用することで費用を抑えて、継続しやすいように心がけております。

副作用としては、まれに肝機能障害があらわれることがあるとされています。

 

フィナステリド(28日分) 6600円(税込み)

 

内服を希望される方は、お電話(072-284-8728)またはWEBでご予約ください。