〒593-8312
大阪府堺市西区草部1488番1
072-284-8728
  • LINE友だち追加
  • Instagram
  • Facebook
WEB予約 WEB問診
ヘッダー画像

ブログ

講演をさせていただきました

このブログをご覧いただきありがとうございます。

はたなかクリニック院長の畑中です。

 

もう1ヶ月以上前になってしまいましたが、講演でお話をする機会を2回いただきました。

 

①2022年9月8日いきいきサロン

 

 堺市の鳳にある、大鳥大社の中にある会館で市民対象でお話をしました。

 題名は「腎臓を守るための薬の使い方」。  

 薬の中には、よかれと思って内服していても、実は腎臓を悪くするものがあります。薬を飲んでいる人みんながみんな腎臓を悪くするわけではありませんが、悪くする可能性が高い薬というものがあります。

 また、腎臓が悪い人は、薬そのものや体内で分解されたものなどが体内に残りやすく、そのために副作用や薬の効果が強く出過ぎたりすることがあり、注意を必要とするものもあります。薬の中には、腎臓が一定以上悪い場合は内服が禁止されているものもあります。

 そういう薬の中から、よく使われる薬をピックアップして解説しました。

 

 なるべくわかりやすくお話をし、資料も見やすいようにしたつもりですが、伝わったのでしょうか。わかりません。

 ただ、皆さん真剣なまなざしで聴いていただき、質問もたくさんいただいたので興味はもっていただいたのではないかと思います。

 何回も発表をしてきましたが、いつやっても緊張します。

 

なんで手を挙げているのか、まったく覚えていません。。。

 

私は何を数えているんでしょうか。。。

ちなみに、私の講演の前に、この写真にもあるりみちゃん体操というのがあったのですが、一緒に運動してきました。

 

②2022年9月27日CKD地域連携セミナー

 こちらは、医師をはじめとした医療従事者を対象とした講演会でした。

堺市立総合医療センター腎臓内科部長の倭先生から講演の機会をいただき、堺市東区の岸本内科クリニック院長の岸本先生とともにお話させていただきました。題名は「腎性貧血およびCKD治療戦略」。会場にいらっしゃった先生や、webで聴講している先生の前で話すのは緊張して汗まみれになってしまいましたが、そのあとのパネルディスカッションも含めて、いい勉強をさせていただきました。やっぱり自分が発表をするのが最も勉強になりますね。

 

これからも機会があれば発表をしていきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

2022年10月30日 はたなかクリニック院長 畑中雅喜(腎臓専門医)